お知らせ
2017.05.08

ホームページリニューアルしました!

2017.05.08

仕事する?フィットネスする?

※私は同時に両方します

 

時間を有効に使いたいビジネスマンにとってオフィス近くにフィットネス環境を確保することは重要なことでしょう。 移動ストレス「ゼロ」の環境で無理なく続けられます。

 

 

もう忙しいなんて言い訳は出来ません

仕事が忙しければ忙しいほど、運動が出来る画期的なマシン

 

昨日の疲れが引きずって効率の悪い仕事をするよりも、体を動かしながら仕事をすれば一杯の珈琲を飲むように脳が気持ち良く目覚めていくのを実感できるでしょう。 体を動かしている最中にアイディアが浮かんだ経験がある人も多いのではないでしょうか。 適度な運動をしながら仕事をする方が、脳が活性されて「記憶力・発想力・集中力」がアップすると言われています。 パソコン・読書・スマートフォン・テレビ・ゲーム等をしながらフィットネスが出来ます。 パソコンデスクとエアロバイクの融合により、仕事とフィットネスを両立出来て脳が活性化されるために、仕事効率アップ、健康、美、シェイプアップに期待出来ます。

2017.05.08

特徴

【フィットネス大革命】

《もう忙しいなんて、言い訳は言わせません》使わなければどんなに高価なプロ仕様のマシーンも継続出来なければ、ただのゴミ!》 仕事が忙しければ忙しいほど、運動が出来る画期的なマシーン! わざわざ時間を作る必要が無く、仕事や趣味をしながらフィットネスが出来るので簡単に習慣化出来ます。 昨日の疲れを引きずって効率の悪い仕事をするよりも、体を動かしながら仕事をすれば一杯のコーヒーを飲むように脳が気持ち良く目覚めていくのを実感できるでしょう。

 

【仕事の能率アップ】

現代社会人の最大の敵、メタボリック‐シンドローム 従業員の健康管理も経営者の役目です、従業員の健康管理に是非福利厚生で。 毎日の適度な運動で病欠ゼロの会社へ、そして業績アップ!

 

 

機能

1

パソコンデスク:

滑りにくいラバー表面と滑り止めによりパソコンを安定させます。

簡単スライド式で前後調整が出来て好みの位置で使用できます。

スマートフォン等を収納できる引き出し、パソコン落下防止ベルト付き。

 

2

エアロバイク:

メンテナンスフリーのツインベルト静音駆動メカニズム使用。

負荷調整ダイヤルで8段階の負荷調整可能。

 

3

フレーム:

簡単に移動、設置が出来るワンタッチロック解除クイックフレーム採用。

簡単に出来る高さ調整機能。

長身の人のために、よりサドル高さをアップ出来るサドルアップポスト、移動が簡単に出来る移動車輪付き。

 

4

背もたれ:

高さ、角度調整が簡単調整出来ます。

 

5

メーター:時間、速度、距離、カロリー、走行距離が計測出来ます。

(速度、距離はマイル表示です。)

 

6

マッサージバー:

パソコンデスクの手前に取り付けて腕をマッサージ出来ます。

また、パソコン作業等には最適の肘置きになります。

 

7

負荷バンド:

腕の負荷運動が出来ます。

 

8

サドル:

自転車が趣味のSteven CEO氏は長時間使用時のお尻の痛さを何とか軽減できるように考え抜いて、しっかりとクッション性が有り尚且つ耐久性を考えて作りました。

2017.05.08

製品誕生の背景

 

<世界一メタボの国アメリカが生み出した究極のフィットネス>

Steven CEO氏は、従業員の病欠の多さに頭を悩ませて社内調査をしたところ明らかに太っている従業員の病欠が多いのに気付き、社内にフィットネス環境を作りましたがほとんどの従業員が利用しないのでアンケートを取ると「忙しくて利用する時間が無い」の答えが圧倒的に多くて、頭を悩まし従来のフィットネスマシーンでは無理だと結論を出して、それなら自分で作ろうと思い今までの運動器具の概念を全て捨ててゼロから考えて『FitDesk X2.0』が誕生しました。

 

<「運動をする時間が無い」多くのメタボの人が言う言い訳を考え抜いてゼロから考えたエアロバイク>

Steven氏が、なぜ運動をしないのかと多くの人達に聞いてみた結果、一番多かった答えは「忙しくて運動をする時間が無い」でした。 Steven氏は、それだったら忙しくても運動が出来る器具、いや忙しければ忙しいほど運動が出来る器具を作り出そうと思って全くゼロからの試行錯誤を重ねて4年の日々を費やしました。 そして、ついにパソコンデスクとエアロバイクの融合した『FitDesk X2.0(究極のエクササイズマシーン)』が誕生しました。

 

 

初代から4年の改良

エンジニア畑のSteven CEO氏は、製品のこだわりに妥協は有りません。 初代FitDeskから4年の月日をかけて現在の『FitDesk X2.0』が誕生しました。 生産国は中国ですが、1年の半分を中国で暮らして品質向上をやっておられます。

 

 

製品概要

製品名 : FitDesk X2.0 ジャパンモデル

サイズ : 寸法:41cmx71cmx114cm(約)

重量 : 20kg(約)

デザイン : アメリカ

原産国 : 中国

価格 : 49,800円(税込 53,784円)

 

 

Japan model

株式会社PODが販売するのはFitDesk X2.0のジャパンモデルです。

<アメリカ・オーストラリア・カナダモデルとの相違点>

 

  1. 本体に張られた安全指示表示のステッカー、パッケージ、取り扱い説明書の日本語表示
  2. PL保険加入
  3. 1年間の保障(保証書規約に基づき無償で本製品の部品交換を致します。)
  4. 有償にて消耗品や保障対象外でも部品の安定供給致します。
2017.05.08

主に読書をしながら漕いでいますが、血行が促進され、長い時間集中できるのが良いです。

軽い負荷によりスローペースで漕ぐのであれば、長時間漕いでも耐久性にそれ程問題はないと思います。

また、眠気がある時、どうしても勉強しなければいけない場合にも、漕ぐことで脳への適度な刺激となり、徐々に目が冴えてきます。

そして、机、肘掛けのアームレストがあり、その位置をスライドできて、しかも背もたれもあるので、楽な姿勢で読書を続けられます。

さらに、音も静かで、ほとんど気になりません。

高い買物ですが、長い目でみると、とても良い商品を購入したと思っています。

 

 

マンション住まいなので、音が気になっていましたがとても静かで夜でも気にせずに使用しています。

適度な運動のためかぐっすり眠れています。

 

 

取説概要に軽い負荷でこぐことを勧められていたので、運動になるのかなと思って半信半疑で使用したけど1時間ほど使用してトイレに行こうと歩いたらしっかり足の運動になっているのが実感できました。

 

 

メタボが気になり嫁の反対を押し切って個人用に購入しました。

想像以上にパソコン作業が快適に出来てビックリです。

今では反対していた嫁が気に入って読書に使用しています。

 

 

届くまで不安が有りましたが、実物を見て写真より素敵なデザインと頑丈に作られていて安心しました。

1日3時間位使用しています。

 

 

わざわざ運動の時間を作ることが出来ない僕にとって最高の機具です。

 

 

孫を抱っこしてパソコンでアンパンマンを見せていたら、言葉もハッキリと言えない孫がFitDeskに乗れと言って来ます。

今では、孫を抱っこしてアンパンマンを一緒に見るのが日課になりました。

 

 

想像以上にコンパクトにビックリしました。非常に考えられたデザインです。

2017.05.08

Q1.アパート住まいなのですが音は大丈夫でしょうか?

 

A1.メンテナンスフリーのツインベルト静音駆動メカニズム使用しておりますのでご安心してお買い上げ頂いても大丈夫です。今までに同じようなご質問を頂いてマンション、アパート、ハイツのお客様にご購入頂きましたが、音がうるさいとお叱りの言葉は1件も頂いておりません。

 

 

Q2.ネジを回すと時に固いネジが有るのですが?

 

A2.ネジによって緩み防止剤を塗っているネジが有ります。緩み防止剤を塗っているネジは固いのでぐいちと勘違いされないように気を付けてください。

 

 

Q3.ペダル(L)が取り付け出来ない。

 

A3.取扱い説明書にも記載していますが、ペダル(L)は逆ネジになっています。左回転(時計逆回り)が絞まる方向です。

 

 

Q4.負荷バンドの使用方法を教えてください。

 

A4.負荷バンドは簡易的な機具です。負荷バンドで上半身を鍛えることは出来ません。取扱い説明書にも記載していますが、決して2倍以上に引っ張らないで下さい。パソコン作業などで固まった筋肉をほぐす程度にお使いください。

 

 

Q5.連続使用時間は何時間位ですか?

 

A5.軽い負荷でご使用ならば時間を気になさらなくても大丈夫です。でも、ご自身で体に異常を感じたらすぐにおやめください。

 

 

Q6.足が届かないのですが

 

A6.サドルアッププラスポスト(71)は身長が175cm以上の人に推薦しています。 身長が175cm未満の人はサドルアッププラスポストを使用しないで、サドルとサドルポストを直接取り付けてください。 足が一番伸びた時に膝が伸びきらないように高さ調整をして下さい。

Copyright© 株式会社POD All Rights Reseved.